ネット販売して評価1000超えの会社員の 雑記ブログ

個人的な雑記ブログと個人でフリマアプリ、ネットオークションとECサイトに出品し 総評価数1000を超えるにまでに至ったノウハウと、それにまつわる話を書いてます。

北朝鮮へ行ってみた 中編

少し独特な雰囲気でしたが・・・

 

前回のブログで

北朝鮮国営のレストランでに向かうところで

話が終わってましが・・

その続きを書いてみます。

 

 

ホテルからタイ人の友達とタクシーに乗り込み

ホテルの詳細が書いてある紙を

ドライバーに見せたところ

 

タクシードライバーはこう言いました

行ったこと無いからわからない・・

 

自分たちもキョトンで 『・・・』

怒ってはいけません!

 

友達が

『とりあえず地図は書いてあるし片道

15分程度でだから行ってよと』

そんな、いくつかの会話の後

『じゃ行くよ、けど着けないかもよ〜』

と、

なんて自由なんでしょうか

日本ではないので地図で調べる等々はしません・・

お互いにタイの文化

マンペイライのマインドです。笑

 

なんとかホテルからダラッと出発しました

確かに車で10分も走れば民家と林野っ原、畑のみ

日本の様にどこでも親切に街灯がしっかる

ある場所ではありません。

なぜか??友達が民家にホテルの場所を

聞きに行ったたりして・・笑

何とかかんとか道を聞きながら

たどり着きました。

外国ってほんと大変だわ・・・

当たり前だけど

何もかも日本の方式が通じない 笑

面白です。

 

そのホテルの2Fにレストランがありました。

f:id:zakkiblog2020:20200615181100j:plain

パタヤ郊外の北コリアンレストラン

外から見た感じは普通のコリアンレストラン

でした。

なぜ?普通?のコリアンレストランって

思ってしまうのでしょうか? 笑

確かにコリアンレストランですが。

 

そして店内が少し暗い様にも見えました

これは、後でその訳がわかる事になります

 

滞在していた町から10km程度で

辺鄙なところでタクシーも拾えなさそうなので

帰りも同じタクシーでとい事で

『ドライバーさんも夜メシ一緒にどう?』

と誘いましたが

『韓国料理、食べた事ないからNG』

だったので下で待っててもらい。

まず、そのホテルの受付に行き

コリアンレストランに行きたいと告げると

『入り口は2階で外の階段から上がって』

と言われました。

f:id:zakkiblog2020:20200615181507j:plain



階段を上がって入り口までここまでは

日本でも海外でも、どこにでもある

雰囲気でした。

f:id:zakkiblog2020:20200615181529j:plain



ドアを開けて入ったところ

20代中盤のルックス・スタイル共に

良い数名のウエイトレスがいて、

特に笑顔もなく無愛想な感じを受けました。

これも後に原因がわかります

 

その一人に何も言われず席へ通されました

4人がけのテーブルが10卓ぐらいあり

その2つのテーブルには

地元の中年のタイ人おじさんが

キムチでビールを飲んで他のテーブルでは

欧米系の20代のカップルが

楽しそうに淡々と食事をしていました。

f:id:zakkiblog2020:20200615181727j:plain



その時点で少しビックリしましたが

彼らは北朝鮮国営のレストランなんて

別に関係ないように普通にでしたが

 

サッとメニューをもらい店内を見渡すと

入店5分で早速、気になることが

1店内が異常に静か

有線の様なBGMなどはなく客も少ないため

とても静かです。

日本人感覚では居心地悪い・・

普通うに喋ると目立つほどでなぜか

小声になってしまいました。

TVモニターが天井近くにあり

古いヨーロッパの映画が音声なしで

映ってました。

 

2店内が暗い箇所がある

レストラン内の照明ですが

お客さんがいないテーブルのあたりは

電気を消していました。

その為か外から見ると薄暗く感じていた様です。

経費節減のためでしょうか、電気を

消す人は50代程度の男性でした

特に挨拶をするわけでもなく、配膳を

するわけでもなく、客が帰ると出ててきて

ウロウロした後、

照明や雑用をする様な人でした。

 

3ウエイトレスさん

なぜか北朝鮮人のウエイトレス同士

目配せをしたり、注文を取ってもらおうと

思って呼ぼうとしても誰もいなくなる時があり

はじめは少し不気味でしたが、、、

そして店内撮影禁止!

数枚撮ってから気が付いた・・

f:id:zakkiblog2020:20200615182851j:plain

壁にカメラにバッテンの張り紙

 まいっか。。マンペイライ

 

 

この続きはまた次回に

 

P.S

タイのタクシードライバー

外人に対する良くある対応

分からない・法外なチップ要求・

遠回りつでにガソリンスタンドによる 

等々、時間稼ぎや金銭の要求を

平気でしてきます。

良くしてくれたら料金の10%程度

チップはあげても良いですが

ちょっとオカシイと思うものは

日本人感覚でもオカシイので

無視でも大丈夫です。

タイ国内の地域性もあるので

詳しくはガイド本やネットで調べてくださいね。

 

おしまい。

 

北朝鮮へ行ってみた・前編 ↓こちら

www.hanbai1000.com

北朝鮮へ行ってみた 前編

北朝鮮 国営レストラン in タイ

 

前回、タイのマーケットの話を書きました

次いでですが、もう1つ数回ほど訪泰してるんですが

今から約10年ほど前から気になっていた

行ってみたい所がありました.

f:id:zakkiblog2020:20200614190815j:plain

パタヤビーチ

 



それが

北朝鮮民共和国の国営のレストランです

 

現在、日本政府とは国交がなく、

アンタッチャブルな近所の国それが

北朝鮮なイメージです。

 

労働党社会主義拉致問題、金ファミリー、

ロケット、貧困、etc

 

日本のマスコミの情報操作もあり

(良い意味でも悪い意味でも)

ポジティブな感情を持ってる日本国民って

少ないですよね

 

そんな自分もそうでした

なんか怖いな・・・だからこそ

 

美味かろうと不味かろうと

食べログ3.0以下でもどうでも良い

行ってみたい!

怖いもの見たさです

怖いって失礼な話で

マスコミの影響って怖いんです 笑

 

 

後で書きますが実は

北朝鮮レストランに2回行ってみました 

 

出される料理は北朝鮮料理とうたってますが

普通に食べ慣れてる朝鮮料理です

そりゃそうですよね 笑

f:id:zakkiblog2020:20200614190607j:plain


初めて行った時はパタヤビーチという

首都バンコクから

車で2時間程度行ったところにある、

ビーチリゾートの町に行った時に行きました。

その町からタクシーに乗って20分程度でしょうか

町外れにある5階建程度の綺麗なホテルの

2階にそのレストランはありました。

< 現在、ホテルはある様ですが

テナントからは撤退してる様です。>

 

行く前に滞在先のホテルからメールでそのホテルに

営業しているのか?など確認してみました

前日にメールしたのですがホテルからの返信は

無くて、当日に滞在してるホテルのロビーから

ホテルスタッフに電話で確認してもらったら

やってるとのことでした。

 

タイは日本と違い国交があるので

日本に比べると全然、その国に対する

感情が違う様です。

マスコミで日本ほど報道もしていない。

東アジアのちょっと変わった新興国

くらいにしか思っていない様です

知らない人もいます。

 

北朝鮮のレストランに行ってくるよ』

 

と言えば普通の日本人なら

 

『え・・?怪しくない?』

『拉致されるよ・・』

『美味いの?』

『なんか怖いね』

とやはりネガティブでしょう

 

ちなみにホテルのタイ人スタッフに

立ち話ついでに

 

『今晩、北朝鮮の国営レストランに行くよ』

と行ったら

 

Ohh Good Have a nice dinner~』

 

I like spicy food but Korean spicy taste is not…

と・・そっちかい!

辛さの好みのと味の好き嫌いの問題の様です

 

ちなみに東アジアで国交がないのは

日本、韓国、台湾

のみでASIAN加盟国の

全てとは国交がある様です。

イギリス・ドイツも国交があり平壌

大使館を置いている様です。

 

夕方、タクシーを呼んでもらって

ホテルからタイ人の友達と2人でタクシーに

乗り込みましたちなみにその友達は

『え??コリアンフード?食べたことない・・』

とのことで乗り気じゃない雰囲気で

 

当時、今はタイでも韓流ブームがあり

韓国料理は好まれてる様ですが

当時はまだ一般人には

普及してない様でした。

 

ホテルのロビーでタクシー待ってる時も

なんか少しドキドキしてました・・

ホテル、ロビーでタイの楽器の演奏を

聴いてて癒された↓

(なら行くなって話だけど 笑)

 

f:id:zakkiblog2020:20200614191048j:plain


タクシードライバーのオヤジさんに

パソコンからプリントアウトした

ホテルの住所と地図を

見せここのホテルに行って欲しいと

友達に行ってもらいました

 

するとドライバーのオヤジさんは

10秒ほどホテルまでの地図をみて・・・

 

自分たちに少し考えて

こう言いました 『・・・・・』

 

終わり 次回に

行って分かった噂の仕入市場・後編

もう1つの噂の仕入市場その2

 
輸入商品の幅を広げようと思い
タイの仕入れ先を開拓しようということで
やって来たわけですが
もう1つのマーケットを紹介します。
1つ前のブログは前編になってるので
そちらも合わせて読んでみてください
最後にリンク貼ってあります。
 
 

正式名称 チャットーチャック・ウィークエンドマーケット

何が売っているか??

 

f:id:zakkiblog2020:20200612061057j:plain

ウィークエンドマーケット

トレンドエリア

 
コレは今のタイの流行の最前線のアパレルです
欧米のブランドのパクリ商品の様なものや
現在のトレンドのもが沢山売ってます。
 

エスニックエリア

 
ラオスやタイ北部の手織り布や古き良き
時代のタイや民族衣装が売ってます。
 

@ 陶器エリア

 
お洒落な東京の合羽橋って感じでした。
 
 

@ タイ雑貨エリア

 
タイの竹や木で作ったスプーンや
民芸品があり日本のタイ雑貨屋さんに
置いてある物が全て有りました。
 

f:id:zakkiblog2020:20200612060140j:plain

@ アートエリア

タイ人アーティストによる
アジアをモチーフにした絵画や彫刻が
あってアトリエみたいな物が軒を並べてます
 
 

ペットエリア

 
子犬、子猫が売っていて日本に比べると
雑に販売してます、
ワゴンセールの様な感じで
バナナの叩き売りの様な感じです 
タバコ吸いながら子犬たちを客に見せてます 
日本人の感覚からすると可哀想。。
になりますね 
ペットグッツも幅広く沢山売ってます。
 
日用品雑貨、部屋に置く様な
おしゃれグッツなどは、
見た感じでですが圧倒的に
アリババやタオバオなどから
仕入れ可能なものでした。
中国からも仕入れて販売してますね
インバウンド需要も相成って
高くても売れる様です。
 
もちろん店員さんと値引き交渉OKですよ
極端な値引きは止めましょう。
店員は、あからさまに顔に出します 笑

f:id:zakkiblog2020:20200612060143j:plain

全体的な価格といえば

東京の物価の30%から40%くらいです。
 
 

マッサージ屋もあります

プラトゥーナムマーケットも一緒ですが
後はここも大事、兎に角デカく歩き疲れるので
 
 
フットマッサージ 30分 
150B 約450円でやってくれます。
 
自分が行った感想ですが
まず、観光旅行の人間が多いです。
それに欧米人が目立ちました
あとは香港系か台湾系の中華系です
ここも日本人ってあまり見かけなかったな。。。
 
最近は中華系の若者はお洒落ですね
たまに上から下までわかりやすい
ブランド一色の人もいますが
なんで?ああなるんだろうなぁ。。
日本人よりお洒落かも今の時代
その辺、なんか少し残念だな。。と
お洒落には気を配ろうと思いました。
 
あと、観光客が多いので飲食系の屋台が
沢山出ていました、オススメは
マンゴーなどフルーツです。
これはタイ国内、東南アジアってこともあるので
気候もあって、なお美味しいですよ。
 

f:id:zakkiblog2020:20200612060146j:plain

有名なマンゴーおばちゃん


最後に余談ですが悪徳ドライバーいます

タイの伝統的な乗り物といえば
『トゥク・トゥク』ですが観光名所には
観光客に対して
法外な値段で強引な営業をする
ドライバーや客引きが多いです
ここもそうですが、料金をしっかり
交渉してから乗車してください。
一人分どこまで、いくらなのか?
乗車時間5分程度で1人1000円以上
取られることもある様です。
東京でタクシーに乗っても道路状況によってですが
10分程度であれば1000円行きません。
降りるとき清算の時に
話がこじれた場合、はじめに取り決めた分のみ
支払いあとは無視して去りましょう。
彼らもそこまで追いかけてきません。
 

最後に

半日のみ行ってみた感想は意外とここも

『中国から仕入れているな』でした。

どこも一緒ですねおそるべし中国

ですのでタイに特化した商品以外は

ネットで買えますが、アパレルの商品に

関しては狙い目でもあるかなと思いました

中国よりかは質が良い印象でした。

 

行って分かった噂の仕入市場・前編

行ってわかった噂のバンコクの市場

 

最近は輸入物販関係の話を全くしていないので

早速、書いてみようと思いますが、

脱線し雑記系の話になりそうですが・・・

なんとか書けそうです 笑

 

今から5年位前に商品の幅と輸入先の開拓の為に

単身、東南アジアのタイのバンコク

視察に行きました。


友達と旅行で数回行ったことがあり少しの

土地勘と公共交通機関の理解があったので

視察とはいえ軽いノリで5日間ほど訪泰しました。

滞在中に道や細かい情報までスマホ

グーグル検索して調べてなんでも分かって

しまうのでとても楽でした。

 

訪泰する前からある程度はネットや

タイの友達や業者の人から5日で

消化できないほどの情報はもらっていたので

数カ所、マーケットを回りましした

アパレル系マーケットや雑貨や生活用品

おもちゃなどアパレルが集まる

マーケットなど行きましたが、

アパレルに関しては見学のみでしたが

有名な2つマーケットを紹介します。

旅行者も沢山買い物に来ています。

 

プラトゥーナム市場

 

ここは卸市場でもあり服から靴まで

アパレルの関係はなんでもあります

兎に角、広いです。

デパートの様な建物から3坪くらいの

個人店から屋台まで沢山店があります。

ブランドの偽物も沢山売ってますが・・・

f:id:zakkiblog2020:20200608231633p:plain

偽物売買禁止


卸の店で個人にも販売してくれるので

女性用のワンピースやTシャツも平均

100バーツ(300円)程度で売ってました。

デザイン的には東京でもダサくならない

ものも売ってたり、トレンドに合わせた

商品が多かったですが、稀にこのセンス

10年前じゃない?ってのもあります。

基本はタイ人に寄せたファッションデザインでした。

 

たまたま知り合った現地の人間が

ここで商売をしていたので教えてもらい

行きました、もちろんタイは暑いので

アウターは薄手のワンピースや

Tシャツなどがメインで販売されてて、

コートや革ジャンはありませんでした。

(探せばどっかにあるかも)

ので、海外からはアフリカ系の

黒人バイヤーを沢山見かけました。

アフリカも暑いので厚手なものを着ない為

需要がある様です。

日本人はあまり見かけません。

f:id:zakkiblog2020:20200608231357j:plain



場所や行きかたはBTSのチットロム駅から

歩いて10分程度です。

 

ここで少しアドバイス

 

1・気候

 

基本、暑いので水分は持ち歩いてください

水分がないと死にます、

水やジュースなどは現地のコンビニや

スーパーで購入しておくと便利です。

無理をせず疲れたら直ぐに休みましょう。

一般的なマッサージ屋も

1時間1000円程度です気軽に入りましょう。

 

2・会話

 

商品を買う購入時、日本語が全く通じません

英語も人に寄り切りでデタラメな人もいます 笑

Yes/Noやサンキュー・ハウマッチetc

日本人が知ってる様な英語は通じます。

曖昧な態度はせずにハッキリと話し

要らないものはノーサンキューで突っぱねて

良しです!

話がまとまらない場合臆せずその場を

離れましょう ^^

全てに価格札は付いてますので明朗会計です。

 

3・治安

 

海外で気になるのが治安です。

夜でない限り治安は銃社会でないので安全です。

親日家の方が多く優しい人が多いですが

日本に比べると治安の安全性は落ちます・・・

ショルダーバッグを腰の位置にすることや

使わない時はスマホや財布はあまり手に

持たないことお勧めします

女性の場合、あまりオシャレしないで行くのが

いいと思います。

日本人は目立つので、呼び込みなどが

話しかけてくる時があります。

『うちの店は安いよ』

『ルイヴィトンあるよ』

など声かけられた場合、絶対に相手にしないことです。

真面目に商売してる人たちは無駄な呼び込みや

偽物の販売はしてません。

f:id:zakkiblog2020:20200608231355j:plain

プラトゥーナム・マーケット内

行って思ったことは

気軽に行けて買い物はできるものの

少し玄人向けです

もし、しっかり仕入れをしたい場合は、

市場を網羅している案内人と行くのが

良いでしょう。

 

 

トリップアドバイザー


というサイトがありますが

そこでもプラトゥーナムマーケットと検索を

すると日本人の口コミや写真などが出てきます。

参考までにどうぞ。

 

 

www.tripadvisor.jp

簡単に自家製スタバ・ラテが飲める

自宅で美味しいラテ作り

 

2月ごろからジワジワとコロナウイルスによる

外出自粛、東京アラート、時短営業

テレワーク、店舗や学校閉鎖、マスク不足、

トイレットペーパー不足、買い占め、偏向報道

今年の正月には占い師も誰も全く予想しなかった

事態になり、価値観、考え方や習慣が

否応なしに自分の価値観や行動を

変化させないといけない時代になりました。

本当に色々と大きく変わる 

『大変』です  笑

笑うしかないですね

プラス思考で行きましょう。

 

頭から少し固く暗い話になりました。

いまだに東京は時短営業と営業自粛の

店舗が多いですが、

皆さんはスターバックスコーヒーに飢えてる?

人も多いかと思いますが、自分も好きです。

ここも時短営業ですが、最近やっと復活しました。

f:id:zakkiblog2020:20200607180046p:plain

自宅で簡単エスプレッソの作り方

 

余談ですがスタバで人気なのが

メニューベスト3

 

1位 キャラメルマキアート

 

飲んだことがないのでノーコメントです・・・

 

2位 ドリップコーヒー

 

これが1位かと思ったんですが

毎日、違う種類のコーヒー豆を提供してくれるので

味が飲むたびに違い飽きずに美味しいです。

はじめの数口はブラックのまま飲むのが

オススメでその後自分の好みに合わせて

ミルクや砂糖を入れると2度美味しいです。

 

3位 スターバックスラテ

 

アイスもホットもみんな大好きで

コクのあるミルクと挽いた豆から

抽出された大人味のエスプレッソが

絶妙なバランスです。

 

美味しいカフェラテがどこでも作れる方法を紹介します

 エスプレッソなんてお店じゃないと

作れないでしょ?

いや作れます!が

エスプレッソマシーンといえばこんなの

思い浮かべると思いますが

 

これです

 

f:id:zakkiblog2020:20200607124352j:plain

デロンギ


↑これは大きく高額で、ましてや

キャンプに少し不釣合いで気楽さゼロの道具です。

エスプレッソ・コーヒー好きか

商売向きです。

ネスカフェなんかも自宅用の出してるけど

家やオフィスで電源が必要だし。

キャンプするところに電源ないよ・・・

 

だから、

もっともっと気楽に持ち運べて低価格で小さくて

飽きたら気軽に誰かにあげれて

手入れも楽でどこにでもしまえてるのがこれです↓

ビアレッティ社のモカエキスプレス

f:id:zakkiblog2020:20200607171043j:plain

ビアレッティ・モカエキスプレス

 

ビアレッティ社のモカエキスプレス

直火式のエスプレッソメーカーです。

 『3000円程度で購入可能』

大阪は家庭に1台、たこ焼き機がある??

と言われる様に

イタリアの家庭にはこれが1台ある様です。

これでエスプレッソ?

細長いケトルでは?と疑問が上がりそうなので

説明します。

まず3つに分かれます

f:id:zakkiblog2020:20200607171257j:plain

 

↑1番右のカップに水を入れて

f:id:zakkiblog2020:20200607171301j:plain

写真中央のアルミ製のフィルターに挽いたコーヒー豆を

エスプレッソ用のコーヒー豆がオススメ)

一杯まで入れて平らにして軽くスプーンの丸い部分で

ポンポンと軽く転圧します。

その後、しっかりと固定して

ガスコンロへ弱火で数分程度、待ちます。

IHは対応していない様です・・・

f:id:zakkiblog2020:20200607171043j:plain

弱火で数分後ポコポコという音っともに

抽出されたエスプレッソが湧き出てきます

f:id:zakkiblog2020:20200607171310j:plain

f:id:zakkiblog2020:20200607171326j:plain

その後そのままカップなどに移して

f:id:zakkiblog2020:20200607171314j:plain

そのままエスプレッソ楽しむもよし

ミルクで割ってホットか

アイスカフェラテもよしです。

濃厚でまろやかなコンビニや自販機で

味わえない一杯が約束されます。

f:id:zakkiblog2020:20200607171319j:plain

オススメはイタリア発祥のアイスクリームに

苦味の効いたエスプレッソをかけて食べる

アフォガードです。

ほのかなエスプレッソの苦味と

バニラアイスクリームの甘味が絶妙です。

f:id:zakkiblog2020:20200607171322j:plain

ぜひ試してみてください。

数千円の買い物でコーヒーを楽しむ幅が

簡単に広がりますよ!

 

終わり。